歯科設備

デジタルレントゲン装置

歯科用CT装置

 

最新の歯科用CT撮影装置を導入しました。通常のレントゲン撮影と異なり、CT撮影は骨の状態を立体的にとらえることができます。(3次元画像診断)

より詳細に口腔内の状況を把握することができるので、今まで以上に確実な診断とで安心な治療可能となりました。

 

歯科用CTは放射線量が非常に少なく安全性の高い装置です。特に被ばく量の少なさに特化した装置を導入いたしております。

 

 

インプラント治療ではインプラントを埋入するための骨の状態を正確に把握し、安全な治療計画を立案できます。

矯正治療では歯の移動の予測と診断、歯周病治療は破壊された骨の分析により予知性の高い治療も可能です。その他にも根幹治療や親知らずの抜歯など、従来のレントゲン装置では知ることの無い情報を得ることが可能となりました。

 

これら治療の予測はもちろん、治療後の良好な状態を診断分析するのにも有効です。

 

 

デジタルレントゲン装置

 

最新のデジタルレントゲンシステムを導入。放射線量は従来の製品と比較して約1/10です。

体に優しいレントゲンシステムです。また、撮影直後にモニターを見ながら詳しくご説明することができます。

デジタルレントゲンは現像液を使用しないため、院内に独特の匂いもなく、廃液が無いため、環境にも優しい設備とも言えます。

 

またセファロ機能により頭部X線写真を撮影することができます。

矯正治療、インプラント治療、親知らずの抜歯など、より専門的な診断が可能になりました。

 


 

口腔内カメラ

口腔内カメラ

 

CCDカメラで口腔内の様子を、チェアーに備え付けのモニターに映します。

 

現在どのような状況にあるのか、治療前-治療後の様子など、口腔内カメラを使用して、解りやすくご説明いたします。


 

チェアーサイドモニター

チェアーサイドモニター

 

各チェアーには、専用モニターを設置しています。

 

レントゲン写真や口腔内写真など、治療の経過とともにモニターを見ながら治療を進めていきます。

 


 

位相差顕微鏡

位相差顕微鏡

 

歯周病菌の有無をモニターに映し出す器械です。口腔内の細菌が実際に動いている様子を動画にてファイリングできるため、治療前-治療後の細菌の種類や数、動きの様子をご説明することができます。

位相差顕微鏡

 

 

 

 

口腔内プラークの細菌像

(ブルーフィルター)

倍率 40倍: 100倍



 

シンプラントシステム

シンプラント

 

シンプラントは、世界的にも使用されている、インプラント術前シミュレーションソフトです。

 

詳しくはインプラントをご覧下さい。


 

位相差顕微鏡

ペリオテスト

 

インプラントの安定性の確認のために、歯周組織検査・診断をする装置。歯の動揺を速やかにコンピュータ測定して、信頼性の高い測定値をデジタル数値と音声で表示します。

位相差顕微鏡



 

レーザー治療器

レーザー治療器

 

詳しくはレーザー治療をご覧下さい。


 

ホワイトニングライト

ホワイトニングライト

 

オフィスホワイトニングに使用するライトです。

光源が最新式のLEDのため発熱が少なく、長時間の照射でも患者さんにやさしいホワイトニングが実現します。

 

詳しくはホワイトニングをご覧下さい。


 

ダイアグノデント

むし歯診断装置

 

むし歯の深さをレーザーで測定する機器です。むし歯は、表面から見ると小さな穴でも、中では深く広がっていることがあります。深さの正確なデータを読取ることにより、むし歯の早期発見や予防措置をすることができます。

ダイアグノデント

 

従来は先端の尖った針のような器具で計測していましたが、この器械では レーザー光を照射して到達距離を数値に表しますので、患部に接触しないため、痛みがありません。


 

電動麻酔注射器

電動麻酔注射器

 

電動の麻酔器は麻酔液を注射する速度や量をゆっくりと一定に正確に制御します。

 

また、極細の針を使用することにより、ほとんど痛みのが無く麻酔注射をすることが可能です。


 

麻酔注射カートリッジウォーマー

麻酔注射カートリッジウォーマー

 

カートリッジ麻酔液を手の平で温めてから注射すると、注入中あまり痛くないということは広く知られてきました。

この装置は最も痛みの少ない37℃に麻酔液カートリッジを温めて保温しますので、麻酔の注入時に痛みを軽減する事ができます。


 

電動麻酔注射器

生体情報モニタ

 

血中の酸素飽和濃度、血圧と脈拍の変動率を測定。生体の反応や変化を計測し、治療におけるリスクの早期発見安全・安心な治療をサポートします。

 

コンピュータと接続して測定情報データを効率的に管理します。


 

院内感染対策

 

ウイルスや細菌によって引き起こされる病気を感染症といいますが、病院内でこれらの病気がうつることを院内感染と呼んでいます。

歯科医院でも、だ液や血液に触れる機会がたくさんありますので院内感染防止対策を徹底する必要があります。

 

電動麻酔注射器

滅菌パック

 

超音波洗浄、高圧滅菌器で滅菌した器具類はこのように無菌状態でパックしてあり、患者様の前で開封して使用します。

 

その他、滅菌できない器具については使い捨て器具(ディスポーザブル)を使用して、院内感染を防止しています。


 

電動麻酔注射器

口腔外バキューム

 

入れ歯や修復物を調整する時に使用します。

 

専用バキュームにより、空気中に金属粉やプラスチックなどの散布を防ぎ、クリーンな診療空間を保持します。

 


 

空気清浄機

空気清浄機

 

空気中の雑菌をほとんど除去します。

 

治療に使うエアータービンは、歯を削る際に出る塵や細菌を、空気中にまき散らしています。この装置により、診療室全体の除菌・除塵を行い院内感染を防止しクリーンな空気を作り出しています。

 

また医院内は歯医者特有の嫌な臭いもありません。